吾輩の辞書にジョグという文字はない

マラソンとスポーツについてかたるブログ

飛騨高山ウルトラマラソン感走分

前日

今年は、高速バスで高山まで移動

13時ごろには会場に到着。

受付を済まして、14時からの説明会へ

 

その後、温泉へ行って高山ラーメンを食べて

古い街並みをぶらぶら

宿に戻って、

明日の荷造りをしていると

夜の9時ごろにになってきたので横になることに

 

ところが、11時、12時になっても眠れずに気づいたらもう1時…

 

結局一睡もできませんでした…

 

前にも、屋久島の縄文杉を見に行く前日に

一睡もできなかったんですが、

翌日10時間無事に歩き続けられたので

今回も何とかなるかなと思っていました

 

スタート~30キロ

51:55 (51:48) ~10キロ

1:47:17 (55:22) ~20キロ

2:49:55 (1:02:38) ~30キロ

予定は、30キロまで3時間

やっぱりレースになると早く入りすぎる悪い癖が出て予定よりも大幅に早く通過

まだまだ体は元気です!

 

30キロ~60キロ

4:08:31 (1:18:36)~40キロ

5:07:56 (59:25)~50キロ

6:25:13 (1:17:17)~60キロ

この区間は予定通りのタイム

今年は、天気も心配されましたがきれいな風景が広がっていました。

f:id:penceUK:20180615181304j:image

57.2キロ丹生川支所エイドの飛騨牛はサイコーでした!

60キロまでは昨年も経験済み、

地獄の40キロが待っているとも知らずに

意気揚々とスタートしました

 

60キロ~70キロ 千光寺

7:49:48 (1:24:35)~70キロ

難関、千光寺への激上り坂。

見た瞬間、心がぽきぽきと折れました。

登り2キロはなんとキロ15分!!

千光寺でお参りをした後、

下り道で登りの遅れを取り戻そうと、

これまでゆっくり下ってきたのに

キロ5分切(コース内最速)の高速下りを見せる

もちろん、これが残り30キロに大影響をあたえまくります…

 

70キロ~100キロ

9:10:48 (1:21:00)~80キロ

10:41:16 (1:30:28)~90キロ

12:14:17 (1:33:01)~100キロ

タイムも身も心もずたぼろな区間

この区間でゆうに200人は抜かれました

何もできない自分と会話しながらただひたすら歩いてゴールを目指しました。

 

ゴール!!

ほっとしたと同時になんだかんだ頑張ったんだなと思いました。

ただ、終わった瞬間は2度と100キロなんか走るかと思いました。

9月に丹後走るんですけどね…

 

ただ「帰るまでが遠足」というように家に帰るまでがレースなんです

ゴール約2時間後の高山駅18:46発の最終列車特急ひだ号に乗り込むために

ゴールの余韻に浸ることもなく、10分もたたずに会場を後に…

無事に最終列車に間に合い、岐阜・米原と乗り継いで日の変わる前に家に帰れました。

 

初100キロとりあえず完走できてよかったです

すごくつかれました

 

#飛騨高山ウルトラマラソン

#京丹後ウルトラマラソン